女性の悩み、女性器の悩みを小陰唇縮小で解決する

清潔に保つ

形成外科や美容外科に行くと、婦人科形成手術を受けることができます。
婦人科形成手術と聞いても、どのような手術のことを指しているのかピンと来ない人が案外たくさんいます。
婦人科系疾患を治療する手術のことだと誤解している人も少なくありませんが、そのような手術ではありません。
簡単に言うと、女性器の形を整える手術です。
自分の女性器の形状に関する悩みを抱えている女性は、意外なほどたくさんいます。
あまり人前でおおっぴらに話せる種類の悩みではないため、自分一人で悩みを抱え込んでいる人が多いのですが、決して珍しい悩み事ではありません。
具体的には小陰唇や大陰唇、膣などを縮小する手術を受けたり、クリトリス包茎の治療や処女膜再生術を受けたりすることができます。

形成外科の治療には、健康保険が適用される治療と、健康保険が適用されない治療の2種類があります。
どこで線引きされるのかというと、治療せずに放置しておくと生活に多大な支障が出る可能性のある症状か否かという点です。
そのまま放置しておくと日常生活に支障が出る症状は疾患とみなされますので、健康保険の適用を受けることができます。
しかし、治療せずに放っておいても特に不便があるわけではない症状は疾患とはみなされず、保険の適用を受けることができません。
婦人科形成手術の場合がまさにそのケースに該当します。
つまり、治療費全額を自己負担することになりますので、結構まとまった額の費用がかかることになります。
ただし、クリニックによって料金設定に幅がありますので、よく探してみると、意外に安い料金で治療を受けられる可能性があります。