女性の悩み、女性器の悩みを小陰唇縮小で解決する

横になっている女性

手術内容

小陰唇を縮小する手術は、肥大している部分を切除し、形や大きさを左右合わせて整えていきます。その際、局部麻酔を使用するため、痛みを感じることなく、手術を受けることができます。

Read more

手術後の注意

小陰唇縮小の手術を受けた当日は、シャワーで患部を濡らさないように気をつけましょう。また、性行為やスポーツは、患部が完治する1カ月後に行なうようにしましょう。これを守ることで合併症を引き起こしません。

Read more

清潔に保つ

小陰唇は老廃物が溜まりやすく、細菌が繁殖しやすいです。小陰唇肥大の場合は、さらに状態がひどくなるため、縮小手術を受けることはもちろん、入浴の際は小陰唇をしっかり洗いましょう。

Read more

ネットで探す

小陰唇の縮小手術を行なう形成外科は、全国に点在しています。医院選びの際にネットを活用することで、料金や手術内容、アフターケアなどを細かく確認し、医院を比較することができます。

Read more

肥大の基準

女性特有の悩みとして、「小陰唇肥大」というのがあります。
小陰唇の役割は、女性器を細菌や衝撃から守ることです。
膣や尿道に近く、大陰唇の内側に存在しているため目立ちにくいのですが、体の成長とともに小陰唇も大きくなっていきます。
ほとんどの場合、大陰唇からはみ出ることはありませんが、人によっては大きくなりすぎて垂れ下がってしまい、はみ出してしまうことがあるのです。
こうした症状が、小陰唇肥大です。
小陰唇肥大を放っておくと、歩くとき、長時間座るときに擦れてしまい、色素沈着が起こります。
また、炎症や痛み、痒みなどの症状が出ることもあるため、早期の治療が最適なのです。
おりものが多い、排尿時の違和感、小陰唇が黒くシワが多い、痛みや痒みがある、といった症状があったら、小陰唇肥大が疑われます。
こうした症状があっても、小陰唇肥大ではないこともあります。
ですから、おかしいなと思う症状があったら形成外科に相談して、小陰唇肥大でないか確認することが望ましいです。

小陰唇肥大を改善するには、形成外科で縮小する手術が必要です。
手術では、余分に大きい小陰唇を切除し、通常のサイズに形に整えていきます。
極端に切除し過ぎてしまうと排尿時に飛び散ってしまう可能性があるため、程よいサイズで切除していきます。
女性器の悩みとなるため、形成外科に行くことに抵抗を感じる人も多くいますが、症状を放っておくと悪化していくため、早めに治療を受けて症状を改善しましょう。